【ロンドン時事】英首相官邸が昨年12月、新型コロナウイルスの感染拡大でロックダウン(都市封鎖)中だったにもかかわらず、大規模なクリスマスパーティーを官邸内で催していた疑惑が強まっている。ジョンソン首相は「いかなる時もルールは破られていない」と強調しているが、疑惑を裏付ける新たな動画も流出。野党は批判を強めており、首相は防戦に追われている。
 疑惑が明らかになったのは最近の英メディアの報道がきっかけだ。それによると、昨年12月18日の夕方、官邸職員ら40人以上が集まる大規模なクリスマスパーティーが開かれた。通話アプリ「ワッツアップ」を通じて案内が回り、参加者は「秘密のサンタ」のプレゼントを持参するよう呼び掛けられたという。
 官邸は「パーティーはなかった」などと否定していたが、民放ITVが今年12月7日に報じた官邸内の動画が火に油を注いだ。それにはパーティーの4日後の昨年12月22日に、ストラットン首相報道官(当時、その後政府顧問)が模擬記者会見で、記者に扮(ふん)した官邸幹部からパーティーの開催について冗談交じりに意見を求められ、「チーズとワインの会だ」「打ち合わせだったが、社会的距離は取っていなかった」などと笑いながら答える場面が映し出されていた。
 ストラットン氏はITVの報道を受けて辞意を表明。首相も下院でこの動画について謝罪したが、ルール破りは否定した。
 しかし、野党は「ロックダウン中にパーティーを開催した。ルール違反であることも知っていた。そしてそれを隠蔽(いんぺい)した」(最大野党・労働党のスターマー党首)と猛反発している。
 社会的にも波紋が広がっている。怒った国民の一部はフェイスブック上で、今年のクリスマスイブに官邸でダンスパーティーを開催するという架空のイベント情報を掲載。これに参加を表明した人は8日深夜時点で19万人を超えた。 (C)時事通信社