環境省は10日、国内の2020年度の温室効果ガス排出量が二酸化炭素(CO2)換算で前年度比5.1%減の11億4900万トン(速報値)となり、過去最少を更新したと発表した。前年度比マイナスとなるのは7年連続で、新型コロナウイルス感染拡大による経済活動の停滞が影響したとみられる。 (C)時事通信社