東京都の小池百合子知事は10日の定例記者会見で、18歳以下への10万円相当の給付方法について「自治体の事情を聞いて(検討を)進めるべきだ」と述べた。「早期に具体的な基準を示すことが、状況を落ち着かせる一番の方法ではないか」と語り、国に対しどのような場合に全額現金給付にできるのかを早急に明らかにするよう求めた。 (C)時事通信社