厚生労働省は10日、新型コロナウイルスの変異株「オミクロン株」の感染者が国内で新たに8人確認されたと発表した。いずれも市中感染ではなく、空港検疫で陽性となり、国立感染症研究所の全遺伝情報(ゲノム)解析から判明した。国内での感染確認は計12人となった。
 厚労省によると、8人は10歳未満から60代までの男女で、11月28日~今月7日にコンゴ(旧ザイール、3人)、ナミビア(2人)、米国(2人)、モザンビーク(1人)から入国。10歳未満を除く7人はワクチンを接種済みだった。羽田や成田のほか、関西空港から入国した人もいた。
 8人はいずれも医療機関に入院している。到着時は無症状だったが、10日時点でコンゴからの3人が発熱などを訴えている。ナミビアからの男児と30代女性は、国内で初めて確認されたナミビア人外交官の濃厚接触者という。外交官には家族2人が同行していた。
 厚労省は、8人が乗っていた航空機の同乗者を濃厚接触者として扱い、ウイルス検査や健康管理を徹底する。同省によると、新たに対象となる乗客は4便の計約400人に上るという。これにより、オミクロン株感染者の濃厚接触者数は累計700人超となる見通し。 (C)時事通信社