【ニューヨーク時事】米東部ニューヨーク州のホークル知事は10日、新型コロナウイルスのワクチン接種完了を入場の条件にしていない屋内施設について、客や従業員にマスクを常時着用するよう義務付けると発表した。休暇時期を迎える中で感染者が再び増加しており、これ以上の感染拡大を防ぎたい狙いがある。
 期間は13日から来年1月15日。その後状況を再評価し、延長などを判断する。ニューヨーク・タイムズ紙によると、従わない場合、施設側に最大1000ドル(約11万円)の罰金が科される。 (C)時事通信社