来年1月に札幌市と山形市で開催予定だったノルディックスキー・ジャンプのワールドカップ(W杯)の中止が11日発表された。新型コロナウイルスの変異株「オミクロン株」の世界的流行を受けて政府の水際対策が強化されており、全日本スキー連盟などが開催できる状況ではないと判断した。国際スキー連盟は日本以外の代替開催地を探している。
 札幌では来年1月8、9日に女子、21~23日に男子が、山形・蔵王では14、15日に女子が行われる予定だった。女子の北京五輪日本代表選考は蔵王大会までのW杯成績を対象としていたため、代替大会の日程によっては選考に影響が出る。男子は同6日までのW杯成績で代表を決める。
 日本開催のジャンプW杯が中止となるのは2年連続。 (C)時事通信社