松井一郎大阪市長は14日、18歳以下を対象とした10万円相当の給付について、27日に現金で一括支給すると発表した。岸田文雄首相が無条件で市町村に現金での一括支給を認める意向を示したため。他の自治体も続々表明した。
 大阪市は年内の10万円支給を目指していたが、給付方法に関する政府の基準公表が遅くなるとの方針を受け、いったん断念していた。14日、市役所で記者団の取材に応じた松井氏は「ぎりぎり間に合った」と述べた。 (C)時事通信社