東京都医師会の尾崎治夫会長は14日の定例記者会見で、新型コロナウイルスの変異株「オミクロン株」への対策として、ワクチンの2回接種と併せて、抗原検査やPCR検査で陰性を確認する取り組みを進めるよう提唱した。複数人での飲食など、感染リスクの高い行動を取る場合は、ワクチンの2回接種と、検査による陰性確認の両方を終えていることを条件とするよう呼び掛けた。 (C)時事通信社