東京都の小池百合子知事は14日、厚生労働省に後藤茂之厚労相を訪ね、新型コロナウイルスの変異株「オミクロン株」に関する入国者の検疫体制強化を要望した。入国時の空港検疫で同乗者全員の陰性を確認するまで検疫施設に待機させるよう求める内容。小池氏は要望後、記者団の取材に「水際対策が一番肝要。何としても抑えていくということで意識を共有した」と述べた。 (C)時事通信社