立憲民主党は14日、阿部知子、岡本章子両衆院議員がそれぞれ代表を務める政党支部が、新型コロナウイルス感染拡大に伴う臨時休校に対応する「両立支援等助成金」を受給していたと発表した。金額は、阿部氏側が24万4920円、岡本氏側が2万9520円。両氏とも返金手続きを進めている。
 西村智奈美幹事長は記者団に「適正な受給だと考えるが、政治団体の受給は国民の誤解を招きかねない」と指摘。党内で雇用調整助成金の受給はなかったという。 (C)時事通信社