【ブリュッセル時事】欧州連合(EU)のフォンデアライエン欧州委員長は15日、フランス東部ストラスブールで開かれた欧州議会本会議で演説し、新型コロナウイルスの新たな変異株「オミクロン株」について、「1月半ばまでに欧州で主流の変異株になると言われている」との見通しを示した。
 欧州疾病予防管理センター(ECDC)によると、EU加盟国とノルウェーなどの周辺国では14日時点で25カ国・計2127件のオミクロン株感染が報告されている。今のところすべて無症状や軽症で死亡例はないが、市中感染が広がりつつある。 (C)時事通信社