米製薬大手メルクなどが開発した新型コロナウイルス感染症の飲み薬「モルヌピラビル」について、厚生労働省が24日にも専門部会を開き、承認可否を判断することが15日、関係者への取材で分かった。承認されれば新型コロナの飲み薬としては国内初。服用しやすい薬の普及で治療が容易になることが期待される。 (C)時事通信社