岸田文雄首相は16日の参院予算委員会で、新型コロナウイルスの新変異株「オミクロン株」に対応する水際強化措置に関し、「リスクの度合いがある程度予想できる状況に至るまでは、慎重な対応を続けなければいけない」と述べた。年末までとした当面の期限の延長に含みを残した発言だ。立憲民主党の有田芳生氏への答弁。
 政府はオミクロン株の世界的な感染拡大を受け、全世界からの外国人の新規入国を原則停止。日本人帰国者らの行動制限も強化している。首相は「未知のリスクに対して慎重の上にも慎重に対応しなければいけない」と理解を求めた。
 3回目のワクチン接種について、首相は「ワクチンを確保する努力をしながら、できるだけ早期にワクチン接種の取り組みの全体像を確定して地方自治体に示し、スムーズに進むよう努力したい」と語った。自民党の藤井基之氏への答弁。 (C)時事通信社