中外製薬は16日、米バイオ医薬品企業アテアの新型コロナウイルス治療薬「AT―527」について、開発を終了すると発表した。親会社のスイス製薬大手ロシュから、国内の独占開発権と販売権を取得していた。業績への影響は開示していない。
 AT―527はウイルスの増殖を防ぐ経口型の抗ウイルス薬。アテアとロシュが共同開発していたが、臨床試験(治験)で有効性が確認できず、両社が提携解消を発表していた。 (C)時事通信社