厚生労働省は16日、新型コロナウイルスの米モデルナ製ワクチンについて、18歳以上を対象に、3回目の追加接種に使用することを正式に薬事承認した。投与量は2回目までの半分。緊急時に審査を簡略化できる「特例承認」に基づく。
 同省の専門部会が15日、承認を了承していた。3回目として使用されるのは米ファイザー製に続いて2種類目。別の専門部会は16日、モデルナ製を予防接種法上の「臨時接種」に位置付け、公費負担で無料とすることを決めた。 (C)時事通信社