政府は16日、新型コロナウイルスワクチンの3回目接種をめぐり、2回目から原則「8カ月後」としてきた期間を「6カ月後」にする対象について、高齢者施設の入所者や職員らに拡大する方向で調整に入った。近く発表し、自治体に通知する。
 政府は、新たに3回目接種が認められた米モデルナ製を前倒し分に充てる。国が保管しまだ配分の決まっていない約500万回分などを活用する。 (C)時事通信社