厚生労働省は16日、関西空港の検疫所職員から新型コロナウイルスの変異株「オミクロン株」が検出されたと発表した。職員はコロナ陽性者が療養する宿泊施設に勤務していた。同施設にこれまでオミクロン株感染者が3人入所していたことや、職員に海外渡航歴がないことなどから、厚労省は「施設内での感染が強く疑われる」としている。入国者以外で同株感染が確認されたのは初めて。
 同省によると、職員は30代女性で、8日に下痢の症状があったが軽く、出勤を続けた。12日の勤務中に倦怠(けんたい)感やせきなどが出たため、13日にPCR検査を行ったところ、コロナ陽性が判明。全遺伝情報(ゲノム)解析でオミクロン株が確認された。
 職員は、コロナ陽性者と直接接する業務ではなかった。濃厚接触者は6人おり、同じ療養施設の職員という。いずれもコロナ陰性で症状もない。 (C)時事通信社