【ニューヨーク時事】米バイオ医薬品企業リジェネロン・ファーマシューティカルズは16日、新型コロナウイルスの新たな変異株「オミクロン株」に対し、同社のコロナ抗体カクテル治療薬の効果が低下することを確認したと発表した。デルタ株には効果を保っていると説明している。
 一方で同社は、両方の変異株に有効な抗体を確認しており、来年1~3月に臨床試験(治験)に入る予定だと明らかにした。 (C)時事通信社