東京都は17日、新型コロナウイルスの変異株「オミクロン株」について、新たに2人の感染が確認されたと発表した。うち1人は感染が判明していた20代女性の濃厚接触者に当たる20代男性で、12日に川崎市の等々力陸上競技場でサッカー天皇杯準決勝を観戦していた。
 都などによると、20代男性の濃厚接触者と特定されたのは家族3人と職場の同僚7人。男性の周辺で観戦していた約80人には検査を促し、体調が優れない場合は外出を避けるよう呼び掛けている。
 新たに判明したもう1人は、50代男性で11日に米国から帰国。羽田空港での検疫では陰性だったが12日に発症し、既に入院している。米ファイザー製ワクチンを2回接種していた。家族3人が濃厚接触者とされたが、いずれも陰性という。 (C)時事通信社