【北京時事】中国河北省張家口市は16日、来年2~3月に北京冬季五輪・パラリンピックが行われる同市崇礼区内にある7カ所のスキー場全てで、1月4日から3月30日まで一般客を受け入れないと発表した。
 実際に五輪会場となるスキー場はこのうち1カ所だが、選手ら大会関係者と国内居住者との接触を遮断する「バブル方式」を徹底。スキーシーズンの観光収入を犠牲にしてでも、新型コロナウイルスの感染拡大を阻止する構えだ。 (C)時事通信社