「ウイルス除去率99%」などと根拠のない表示で空間除菌剤を販売したとして、消費者庁は17日までに、製造販売元の「大木製薬」(東京都千代田区)と「CLO2 Lab」(兵庫県西宮市)に対し、景品表示法違反(優良誤認)で再発防止などを求める措置命令を出した。
 対象となったのは、二酸化塩素を利用した大木製薬の除菌剤「ウイルオフ」と、CLO2の「オキサイダー」の計9商品。自社サイトやテレビCMで「除去率99%」とうたっていた。同庁が2社に根拠資料を求めたところ、1立方メートル以内の密閉空間など実生活での利用環境とは異なる条件で実験したデータが提出されたため、「合理的根拠がない」と判断した。
 大木製薬は「公正な判断を求めるため法的措置も視野に対応を検討する」、CLO2は「指導を仰ぎながら速やかに対応する」とコメントした。 (C)時事通信社