沖縄県は17日、米軍基地キャンプ・ハンセン(金武町など)の従業員で同県うるま市の50代日本人男性が新型コロナウイルスの変異株「オミクロン株」に感染したと発表した。同基地内では17日までに、米軍人99人がコロナに集団感染しており、県は基地内で感染した可能性が高いとみて経路を調べている。県内でオミクロン株の感染が確認されたのは初めて。
 県によると、男性は12日、発熱やだるさなどの症状が見られたため、13日にPCR検査を受け、14日にコロナ陽性と判明。17日にオミクロン株感染が確認された。ワクチンは接種済みだった。基地関係者とその濃厚接触者の計2人も全遺伝情報(ゲノム)解析を行っており、オミクロン株と判定される可能性がある。 (C)時事通信社