新型コロナウイルス感染拡大を受けた経済対策を柱とする2021年度補正予算案は、20日午後の参院本会議で自民、公明両党などの賛成多数で可決、成立する。一般会計の歳出総額は補正予算として過去最大の35兆9895億円。18歳以下への10万円相当の給付などの経費を盛り込んだ。
 これに先立ち、参院予算委員会は岸田文雄首相と全閣僚が出席して締めくくり質疑を行った後、補正予算案を与党の賛成多数で可決。質疑で首相は新型コロナの水際対策に関し、「年末年始の状況をしっかり確認した上でその先を考えていく。スピード感を持って対応する」と強調した。自民党の山下雄平氏への答弁。 (C)時事通信社