松野博一官房長官は20日の記者会見で、米軍キャンプ・ハンセン(沖縄県金武町など)に、少なくとも180人の新型コロナウイルス感染者がいると明らかにした。同日朝時点で、米側の説明という。松野氏は「地元の方々の不安解消に向けて、基地内外の一層の行動制限を含め、健康保護に関する措置の運用をさらに厳格化するよう要請した」と語った。 (C)時事通信社