【ニューヨーク時事】米バイオ医薬品大手バイオジェンは20日、日本のエーザイと共同開発したアルツハイマー病治療薬「アデュカヌマブ」について、米国内の価格を約半額に引き下げると発表した。高額すぎるとの批判があったことから、大幅値下げで販売改善につなげる狙い。
 価格改定は来年1月から。平均体重(74キログラム)の患者の場合、年間薬剤費は2万8200ドル(約320万円)となる。 (C)時事通信社