【ワシントン時事】サキ米大統領報道官は20日、バイデン大統領と濃厚接触したホワイトハウスの中堅職員が新型コロナウイルス検査で陽性だったと発表した。バイデン氏は同日朝にPCR検査を受け、陰性が確認された。22日に改めて検査するという。
 この職員は17日、大統領専用機「エアフォースワン」で約30分間、バイデン氏と近くで接触。ワクチン2回と追加で打つ「ブースター」接種を済ませており、搭乗前の検査では陰性だった。
 バイデン氏は19日、定期的に受けている抗原検査でも陰性が確認されている。 (C)時事通信社