堀内詔子ワクチン担当相は21日の記者会見で、新型コロナウイルスワクチンの3回目接種について、医療従事者や高齢者ら約3100万人に限るとしている前倒しの対象を広げる可能性に言及した。「感染状況やワクチン供給の度合いを見極めながら、職域接種を含むその他の方々の前倒しを検討していく」と語った。 (C)時事通信社