木原誠二官房副長官は21日の記者会見で、沖縄県の米軍キャンプ・ハンセン(金武町など)で発生した新型コロナウイルスのクラスター(感染者集団)が、同日朝の時点で約200人に達したことを明らかにした。米側の対応については「オミクロン株である可能性も十分に踏まえ、積極的な検査の実施、濃厚接触者の追跡、感染者の恐れがある関係者の隔離など、感染拡大防止のための措置を厳格化している」と説明した。 (C)時事通信社