【ニューヨーク時事】米ニューヨーク市のデブラシオ市長は21日、新型コロナウイルスの感染者急増を受け、ワクチンの追加接種「ブースター」を受けた人に100ドル(約1.1万円)を提供すると発表した。市内でも急拡大が懸念されている新変異株「オミクロン株」に対しては、追加接種が有効と指摘されている。
 31日までに市運営の施設や市の在宅接種プログラムを通じて投与を受けた人が対象となる。ニューヨーク市では11月から感染者が増加傾向にあったが、12月中旬から急増。今月12日に4.21%だった陽性率の7日間平均は、19日時点で9.17%に上昇した。 (C)時事通信社