【ニューヨーク時事】北米アイスホッケーリーグ(NHL)と選手会が、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、来年2月の北京五輪への参加を見送ることで合意したと21日、スポーツ専門局ESPN(電子版)が報じた。当初は選手を派遣する方針だったが、試合の延期が既に数十試合に上り、五輪期間は中断予定だったリーグ日程を見直すことになった。
 NHLは、五輪に2014年ソチ大会まで5大会連続で選手を派遣したが、18年平昌大会ではリーグ戦を続行し、参加しなかった。NHLでは強豪国の主力選手がプレーしている。 (C)時事通信社