松野博一官房長官は22日の記者会見で、新型コロナウイルスのクラスター(感染者集団)が発生している沖縄県の米軍キャンプ・ハンセン所属の米兵が酒気帯び運転で逮捕されたことを受け、米側に綱紀粛正を申し入れたことを明らかにした。その上で「感染拡大防止に取り組む中で地元に大きな不安を与えるもので遺憾だ」と述べた。
 申し入れは、外務省の市川恵一北米局長がラップ在日米軍司令官に行った。米側は同基地の感染者について、変異株「オミクロン株」の検査を行う方針を伝えた。
 松野氏はまた、同基地の感染者が22日朝の時点で215人に上ったことを明らかにした。 (C)時事通信社