リクルートワークス研究所が22日発表した2023年卒の新卒採用見通しに関する調査によると、大学・大学院生の採用が前年と比べ「増える」と回答した企業は10.9%で、「減る」と答えた企業(3.9%)を7.0ポイント上回った。「増える」が「減る」を上回るのは2年ぶり。コロナ禍で落ち込んだ企業の採用意欲が回復しつつある。
 業種別でみると、教育・学習支援業を除く全ての業種で採用増が上回った。このうち、飲食店・宿泊業は「増える」から「減る」を引いた差がプラス14.0ポイントとなり、コロナ禍の直撃を受けた22年卒のマイナス15.7ポイントから急速に持ち直した。 (C)時事通信社