厚生労働省は22日、新型コロナウイルス対応で実施している休業支援金・給付金の申請期限を一部で延長すると発表した。大企業、中小企業ともに4~11月に休んだ分が対象で、来年3月末までとする。コロナ収束が見通せず、申請手続きが遅れている労働者に対応する。 (C)時事通信社