岸田文雄首相は23日午前、東京都内の会合であいさつし、新型コロナウイルスの変異株「オミクロン株」の市中感染が確認されたことを受け、「水際対策によって得られた時間的余裕を使い、予防・検査・早期治療という一連の流れを強いものにする取り組みを加速していく」と強調した。「危機の時にはトゥーレイト(遅過ぎ)、トゥースモール(小さ過ぎ)より、拙速、やり過ぎの方がましという考え方で取り組む」とも語った。 (C)時事通信社