岸田文雄首相は23日、東京都内で開かれた内外情勢調査会で講演し、強い感染力が指摘される新型コロナウイルスの変異株「オミクロン株」への対策として、大阪、京都、沖縄3府県などオミクロン株の拡大が懸念される地域で、無症状者を含む希望者全員に無料検査を実施する方針を表明した。
 大阪、京都両府では、オミクロン株の感染経路が分からない「市中感染」が相次ぎ確認された。また沖縄県では、米軍キャンプ・ハンセン(金武町など)で大規模なクラスター(感染者集団)が発生。首相は講演で「大阪、京都、沖縄では不安が広がっている。オミクロン株の封じ込め対策が必要な地域は、不安のある全ての方に無料検査を実施する」と述べた。 (C)時事通信社