政府の新型コロナウイルス感染症対策分科会の尾身茂会長は23日、記者会見を開いた。強い感染力が指摘される新変異株「オミクロン株」について、「ある程度拡大するのは覚悟した方がいい」との見方を示した。年末年始の過ごし方などに関する「談話」も発表し、ワクチン接種済みでも帰省先で高齢者などに会う場合、事前に検査を受けることなどを求めた。
 尾身氏は会見で、大阪府などでオミクロン株の市中感染が確認されたことを受け、医療体制の逼迫(ひっぱく)回避を「最も重要な目標」に挙げた。また、年末年始の感染対策の有無が「感染拡大がどうなるかを左右する」と述べ、協力を呼び掛けた。 (C)時事通信社