防衛省は23日、陸上配備型迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」の山口、秋田への配備計画断念を受け、秋田市で住民説明会を開いた。東北防衛局の市川道夫局長は、新型コロナウイルス感染拡大のため、住民説明会の開催が断念から約1年半後になったことを含め、「大変心配な思いをさせてしまった。おわび申し上げたい」と謝罪した。 (C)時事通信社