【ロンドン時事】英製薬大手アストラゼネカは23日、新型コロナウイルスの新たな変異株「オミクロン株」に対して、自社製ワクチンの追加接種が有効だとする研究結果を発表した。3回目の接種によって感染を防ぐ「中和抗体」の水準が大きく向上し、デルタ株に対する2回接種の場合とほぼ同等になったという。
 オミクロン株に対しては、米製薬大手ファイザーや米バイオ医薬品企業モデルナも、それぞれのワクチンの3回目の接種で高い感染予防効果が見込めると発表している。
 研究はアストラゼネカとワクチンを共同開発した英オックスフォード大が独自に実施。査読前の論文がウェブサイト「バイオアーカイブ」に22日掲載された。 (C)時事通信社