国立がん研究センターは24日、2009年にがんと診断された患者約29万人の10年後の生存率が60.2%だったと発表した。10年生存率としては国内最大規模の集計で、前回(08年診断)より0.8ポイント上昇し、他の集計を含めても改善傾向が続く。今回は小児白血病などの5年生存率も初集計した。
 同センターは、がん診療連携拠点病院など全国281施設の計29万3860人について、がん以外の死因の影響を除いて生存率を算出した。部位別では前立腺が最も高い100.0%で、他は乳87.8%、子宮頸(けい)70.5%、大腸67.5%などだった。膵臓(すいぞう)が最も低い6.7%だった。
 同センターの若尾文彦・事業統括は「10年生存率は12年前にがんと診断された患者の数字だ。その後の医療の進歩もあり、すべての患者には当てはまらないが、参考になれば」と話した。 (C)時事通信社