【ワシントン時事】米国防総省は23日、ヒックス副長官の国内出張に同行した職員7人が、新型コロナウイルス検査で陽性と判明したと発表した。副長官は陰性だった。
 同省によると、陽性の職員らは疾病対策センター(CDC)の指針に沿って隔離され、宿泊先や訪問した基地などにも通知された。ヒックス副長官は13~17日、ミシガンやコロラド、ハワイを含む各州の米軍司令部などを訪れていた。 (C)時事通信社