【ニューヨーク時事】米ニューヨーク中心部のタイムズスクエアで、2年ぶりに観客を入れて開かれる予定の年越しイベントが、大幅に規模を縮小することになった。デブラシオ市長が23日、明らかにした。新型コロナウイルスの変異株「オミクロン株」の拡散で、感染者が急増していることを受けた措置。
 タイムズスクエアの観覧エリアには例年、約5万8000人が集まるが、今回は約1万5000人に限定する。マスク着用の他、5歳以上の参加者は原則として、ワクチン接種の完了が求められる。 (C)時事通信社