山際大志郎経済再生担当相は24日の記者会見で、新型コロナウイルスの変異株「オミクロン株」への対応について、「面的に広がれば、行動制限強化を含め機動的に対応する」と述べ、感染状況を見極めつつ飲食やイベントなどに関する制限を検討する可能性に言及した。また、年末年始の感染対策に協力を呼び掛けた。
 山際氏はオミクロン株について「外国での拡大は相当のスピードで起こることが分かっている」と指摘。大阪府や京都府での「市中感染」確認に関しては、「今はまだ(他地域に)つながっていない状況」と説明する一方、「これから各県で感染者が出てくると思う」との見方を示した。 (C)時事通信社