鈴木俊一財務相は24日の閣議後記者会見で、安倍政権時代に新型コロナウイルス対策として配布され、大量の在庫が問題となっている布マスク「アベノマスク」の廃棄について、「俗な言葉で言えば『損切り』をするということではないか」と語った。
 高額な保管料が問題となっており、岸田文雄首相が先に「有効活用を図った上で年度内をめどに廃棄する」との方針を示していた。鈴木氏は「保管費用が年々かさんでいくのでやむを得ない」と指摘した。 (C)時事通信社