林芳正外相は24日の記者会見で、米軍キャンプ・ハンセン(沖縄県金武町など)で新型コロナウイルスのクラスター(感染者集団)が発生した問題をめぐり、同基地に限らず在日米軍基地に到着する軍人は出国前の検査を免除されていたことを明らかにした。免除は9月3日からで、世界的な感染状況の改善やワクチン接種の促進を受けた米国防総省の方針に基づく対応という。
 林氏は「米側の措置が日本と整合的になるよう、連携を一層強化しなければならない」と指摘。岸田文雄首相も首相官邸で記者団に「米側にはしっかり対応してほしい。引き続き注視していく」と語った。 (C)時事通信社