後藤茂之厚生労働相は24日の閣議後記者会見で、米モデルナ社と新たに1800万回分の新型コロナウイルスワクチン供給契約を結んだと発表した。来年分として同社製だけで計9300万回分を確保した。
 追加分は来年1~3月に供給され、3回目接種の対象者を拡大するために使われるとみられる。後藤厚労相は「感染動向などを踏まえ、できるだけ(前倒しを)進めていきたい」と述べた。
 同社製の3回目は半量での投与となるため、従来の1瓶当たり10回から、少なくとも15回の接種が可能となる。 (C)時事通信社