東京都は24日、都内で初めて新型コロナウイルス変異株「オミクロン株」の市中感染が確認されたと発表した。都内のクリニックに勤務する50代の男性医師で、現在は入院中という。勤務先の職員や家族ら計5人が濃厚接触者となったが、PCR検査の結果はいずれも陰性だった。
 都によると、男性は渡航歴がなく、感染経路が不明。発熱の症状が出た16日まで診察していたが、フェースガードとマスクを着用しており、患者は濃厚接触者に該当しない。都は患者や他の職員ら計約100人の検査を続けている。男性はワクチンを2回接種済みで、現在は無症状という。
 京都府でも24日、新たに30代女性2人と精華町在住の50代男性の計3人がオミクロン株の市中感染と判明した。3人とも、23日に同株感染が確認された京田辺市の20代女性とは関係がないという。
 女性2人は京都市と城陽市在住で、勤務先が同じという。3人とも入院し、2人が軽症で1人は無症状。全員コロナワクチンを2回接種している。3人の濃厚接触者は計9人。
 府内ではこのほか、コロナ陽性でオミクロン株の疑いがある4人の全遺伝情報(ゲノム)解析を進めている。
 大阪府では、オミクロン株の市中感染が初確認された家族3人と同居する未就学女児1人について、同株感染が判明した。残る同居家族1人もコロナ陽性で、府がゲノム解析を進めている。 (C)時事通信社