東北大学大学院国際歯科保健学分野の木内桜氏らは、"歯の喪失は認知症発症リスクを上昇させ、その機序は栄養摂取や社会的な要因で説明できる"という仮説について検討。「縦断研究により歯の喪失は認知症発症リスクとなることが認められ、男性は交流人数、女性は野菜・果物の摂取が因果関係を媒介していた」とJ Dent Res(2021年11月19日オンライン版)に報告した。

口腔の健康状態維持が社会関係の維持にも

 認知症は要介護状態となる主因の1つで、認知症の予防と進行抑制は重要な課題である。口腔内の健康状態悪化が認知症発症に影響する可能性が指摘されているが、これまでヒトを対象に両16者の関係を検討した研究はほとんどなかった。そこで木内氏らは、"歯の喪失など口腔の健康状態の悪化は認知症発症リスクを上昇させ、その機序は知人との交流などの社会的な要因や食物摂取などの栄養に関する要因で説明できる"との仮説を立て、縦断研究により検証した。

 日本老年学的評価研究機構のデータから2010年(ベースライン)、13年、16年の調査に回答した者のうち2013年以前の認知症発症例などを除いた3万5,744例(女性54%)を解析対象とした。対象の平均年齢は男性が73.1歳、女性が73.2歳、ベースライン時点で1万3,580例(38%)が20本以上の歯を有しており、1,776例(5%)が2013〜16年に認知症を発症した。

 多変量解析の結果、歯の喪失が認知症発症と有意に関連しており〔ハザード比(HR)1.14、95%CI 1.01〜1.28〕、媒介変数による間接効果のHRは1.03(95%CI 1.02〜1.04)だった。各変数の媒介割合は、体重減少、十分な野菜・果物摂取(1日1回以上)、閉じこもり、交流人数(10人以上)の順に、男性では6.35%、4.44%、4.83%、13.79%、女性では4.07%、8.45%、0.93%、4.00%だった()。男性では特に友人・知人との交流人数(13.79%)、女性では野菜や果物摂取(8.45%)が残存歯の本数と認知症発症の因果関係を媒介する役割を果たしていた。

図. 歯の本数と認知症発症の関連を説明する割合

jdr20211119.png

(東北大学プレスリリースより)

 同氏らは「6年間の縦断研究の結果、歯の喪失と認知症発症との間には有意な関連が見られた」と結論。「今回の知見から、口腔内の健康状態の維持が人との交流といった社会関係の維持につながり、また栄養摂取の維持が認知症発症予防につながる可能性も示唆された」と指摘している。

(慶野 永)