スポーツ庁は24日、小学5年と中学2年を対象とした2021年度「全国体力・運動能力、運動習慣等調査」(全国体力テスト)の結果を公表した。全8種目の成績を点数化した体力合計点は小中男女とも前回より下がり、特に男子は08年度の調査開始以来、最も低くなった。
 新型コロナウイルスの影響で昨年度は中止され、調査は2年ぶり。運動時間減少などを背景に、合計点は前回から下落に転じており、スポーツ庁はコロナが拍車を掛けたとみている。
 調査は今年4~7月に国公私立の小5約103万人、中2約98万人を対象に実施。合計点の平均は、小5男子が52.5点(前回53.6点)、小5女子が54.7点(同55.6点)、中2男子が41.1点(同41.6点)、中2女子が48.4点(同50点)だった。
 種目別では、上体起こしや反復横跳び、持久走などの成績が大きく下がった。50メートル走やボール投げも低下傾向が見られたが、脚を伸ばして座った状態で行う前屈はわずかに改善した。 (C)時事通信社