英国、フランス、イタリアで24日、新型コロナウイルスの新規感染者数が過去最多を更新した。新たな変異株「オミクロン株」への感染の急拡大を受け、各国が対応を迫られている。
 ロイター通信によると、英国で24日に発表された新たな感染者数は12万2186人だった。オミクロン株の急速な拡大により、特にロンドンで急増した。
 ジョンソン首相は、オミクロン株の重症化率が不明確なことなどから、クリスマス前の新たな規制導入を否定していた。
 フランスでは1日の新規感染者数が9万4124人と、10万人に迫り、政府は近く閣議を開き、対応を検討する。
 仏政府は来年1月前半に、飲食店などへ行くのに必要な「衛生パス」について、新たな法案の議会通過を目指している。この法案では、陰性証明でも取得可能だった制度を変更し、ワクチン接種を完了しなければ取得できないようにする。
 イタリアでも1日の感染者が5万人を超え、2日連続で過去最多となった。バチカンのサンピエトロ大聖堂では24日、フランシスコ・ローマ教皇がクリスマスイブのミサを行い、約2000人の市民らが参列。参列者は感染防止策としてマスクを着用し、ソーシャルディスタンス(社会的距離)を確保した。
 ポルトガル保健当局も25日、前日の感染者は1万2000人を超えたと発表。当局者は「22日のデータを分析した結果、61.5%がオミクロン株だった。オミクロンがポルトガルを席巻しつつある」と語った。 (C)時事通信社