沖縄県警那覇署は25日、道交法違反(酒気帯び運転)容疑で、米軍キャンプ・ハンセン(同県金武町など)所属の海兵隊伍長ジャレット・マイケル・ミックマン容疑者(24)を現行犯逮捕した。「検挙されるほどアルコールが残っているとは思わなかった」と供述しているという。
 同基地内では200人超の新型コロナウイルス感染が確認される中、21日にも酒気帯び運転容疑で上等兵の男が逮捕され、政府が米側に綱紀粛正を申し入れていた。 (C)時事通信社